【WordPress】にテーマ「cocoon」を設定後、はじめに入れるおすすめプラグイン

スポンサーリンク

スポンサーリンク

cocoonを利用した場合の、おすすめプラグイン

WordPress用のプラグインも星の数ほど存在しておりますが
利用するテーマにより、必要なもの、必要でないもの、が出てきます。

他のテーマでは必要(あったほうがいい)なプラグインも
cocoonでは、はじめからその機能が組み込んであったりします。

まずは、これからスタートするにあたり、必要最低限なプラグインを紹介します。

Akismet Anti-Spam(アンチスパム)

WordPressにはデフォルトで入っていますので有効化してください。
“wordpress.com”に登録してAPIキーを取得しなければならないため、めんどくさいですが、
スパムコメントからブログを守る役目をしてくれますので設定してください。

WP Multibyte Patch(日本語表示)

WordPressにはデフォルトで入っていますので有効化してください。
日本語でブログを運営するかと思いますが、その日本語に対する不具合の累積的修正と強化をしてくれます。

EWWW Image Optimizer(画像圧縮)

WordPressで使う画像のファイルサイズを縮小します。
アップロードした画像を自動で圧縮してくれ、位置情報なども削除してくれます。
過去にアップした画像も圧縮してくれます。

Classic Editor(クラシック・エディター)

WordPress5.0から新エディター”Gutenberg”が標準で入っています。

はじめてWordPressを使う方は、新エディターを使い慣れたほうがいいですが
以前からWordPressを使っていて旧エディターの方が慣れている方は
Classic Editorのプラグインを入れれば旧エディターで利用可能です。

Google XML Sitemaps(サイトマップ)

Google用サイトマップを自動生成してくれます。
サーチしているGoogleのシステムが自身のサイト、更新した記事を見つけてくれます。
プラグインは有効化するだけですが、サーチコンソールでも登録をしましょう。

Category Order and Taxonomy Terms Order(カテゴリー並べ替え)

記事が増えると、カテゴリー分けの増えてくるかと思います。
その際、カテゴリーの並べ順を好きな順で並び替えることができます。

Contact Form 7(メールフォーム)

このプラグインですぐにお問い合わせフォームが作れます。
しかし、デザインは最低限のシンプルに出来ているのでさみしいですが
あとからカスタマイズする予定で導入だけしておきましょう。

All-in-One WP Migration(バックアップ)

バックアップ、インポート、エクスポートが簡単にできます。
なにか大きな変更をする前には、必ずバックアップを取りましょう。

 

この後、運営を進めていくと必要なプラグイン、あれば便利なプラグインとでてきますが、
まずは、最初に入れてべきおすすめプラグインをご紹介させていただきました。

WordPressブログ運営
スポンサーリンク
シェアして頂けるとすごく嬉しいです^^
フォロー数が増えるとモチベーション上がります!よろしくお願いいたしますm(_ _ )m
スポンサーリンク
はいたか HAITAKA Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました