【2019年版】タイ・バンコクへ旅行中(ノービザOK)に銀行口座を作る方法!簡単実践!(オンラインバンクも作成可能?)【アユタヤ銀行】

スポンサーリンク

海外に隠し口座欲しくないですか? それは冗談ですが 笑。

タイの観光・スポーツ省(Ministry of Tourism and Sports)が2018年の外国人旅行者数統計を発表。昨年1月~12月にタイを訪れた日本人旅行者数は1,656,100人で年間160万人を突破したとの事です。

年々、日本からタイへの旅行者が増えており、人気の旅行先となっています。
タイに魅了され、何度もリピートしている方もいらっしゃるぐらいです。

海外で個人の銀行口座を作れるチャンスは滅多にありません。

海外の銀行口座が欲しい理由は人さまざまでしょうが、現段階でタイ・バンコクで確実に作れる方法をお伝えします。

スポンサーリンク

狙うはアユタヤ銀行の口座開設

マネーロンダリングなど、犯罪に絡む海外の銀行口座の利用により、タイでも年々口座と作るのが難しくなってきております。

タイの大手5銀行(バンコク銀行・クルンタイ銀行・サイアム商業銀行・カシコン銀行・アユタヤ銀行)のうち、旅行者が口座開設が可能な銀行は、バンコク銀行とアユタヤ銀行となっております。

2019年4月現在で「アユタヤ銀行」で口座を作れました。

トップページ | アユタヤ銀行 (Bank of Ayudhya)
アユタヤ銀行(クルンシイ)では、タイ在住の日本人のお客様向けの様々なサービスをご案内しております。

そして、VASU(ワス)支店がおすすめです。
その訳は・・・。

アユタヤ銀行「現地呼称 Krungsri(クルンシィ)銀行」とは

2013年12月に、三菱東京UFJ銀行(当時)の連結対象子会社となり、また2015年1月に、同バンコック支店と統合いたしました。
日本でも有名な「三菱UFJフィナンシャルグループ」の一企業なっております。
一般的にはアユタヤ銀行として認知されていますが、現地呼称はクルンシイになります。

アユタヤ銀行(現地呼称 Krungsri(
三菱UFJフィナンシャル・グループは、高いグループ総合力、国内外で充実したネットワークを有する、総合金融グループです。

旅行者が口座開設可能なタイの銀行

私はタイのワークパーミット(労働許可証)は持っておりませんが、
2018年3月にバンコク銀行の口座開設を行いました。

当時はバンコク銀行のシーロム支店で作成可能でしたが、現在は分かりません。

今回はアユタヤ銀行で口座開設に成功しました。

アユタヤ銀行のワス支店で口座開設方法

バンコクのトンロー地区にあるVASU(ワス)支店で口座を作りましたので手順を紹介いたします。

15時を過ぎると、当日の口座開設が終了しない場合があり翌日発行なる場合があります。
なるべく午前中に行くことをおすすめします。

必要なもの

  1. パスポート
  2. ホテル(宿泊先)住所(英語でわかるものを準備してください)
  3. タイの電話番号(現地タイのSIMカードを購入しセットしておいてください)
  4. お金 1,000バーツ
  5. 暗証番号(数字6桁で考えておいてください)

VASU(ワス)支店の場所

BTS トンロー駅から歩いて10分(500m)ぐらいの場所にあります。

黄色い看板の入口から入ります。

受付と応対

入館するとすぐに受付用の黄色いタッチパネル端末があります。

日本語表示で「口座開設」を選択し、番号レシートを受取りソファーで待ちます。

待っていると、お水のサービスが。とてもありがたいです。

口座開設書類の記入

順番が来ると電光掲示板と日本語アナウンスで呼ばれます。

カウンターで行員が対応してくれますが、行員の方はタイ人なので日本語能力はいまいちでしたが、簡単な会話だけでしたので大丈夫でした。

私:口座を作りたいです。
行員:ワークパーミットありますか?
私:ありません。

行員:パスポートお願いします。
(私:パスポートを渡し・・・10分程待ちます)

行員:こことここにサイン。
(合計6枚ほどパスポートと同じサインをして下さい)
行員:ここ名前、ここ住所
(英語で記入)
行員:ここ電話
(タイの電話番号を記入)

行員:お金はいくら入れますか?
私:いくら要りますか?
行員:1,000バーツでOKです。
(私:1,000バーツを渡します)

そして、また待つこと10分程で。

行員:パスワードお願いします。ナンバー6つです。
(パスワード入力用の小型端末に数字6桁入力し、確認用で同じ数字を入力します)

そして5分後。

行員:OK

と、通帳とデビット機能付きキャッシュカードと明細書が渡されました。


カード発行手数料が合計500バーツです。
年間の口座維持費で、毎年300バーツ引かれるそうです。

口座には500バーツが入金されます。

これで口座開設が終了しました。

お疲れさまでした。

オンラインバンクがほしい!

今回、なぜアユタヤ銀行のワス支店で口座を作ったかというと。
ワス支店なら、オンラインバンクが作成可能。かも。
と、現地の知り合いから教えていただき、出向くことにしました。

どこの銀行もオンラインバンクだけは作ってくれませんが、ワス支店ならば渡航回数が多ければ作ってくれるかもしれない。との情報でした。

オンラインバンクが使えれば格段に便利になりますが、本当にオンラインバンクを作れるかどうかは、やってみないと分からない。との事。

オンラインバンクの申し込み

通帳などを受け取ったあと

私:オンラインバンクがほしいです。
行員:ビザが無いと作れません。
(私:やっぱり無理かな。。。)
私:結構、タイに来てるけどダメですか?

実際、私はタイに通算30回以上来ていますが、パスポートは切替などでタイ入国スタンプは現在6回程押されている状態でした。

行員:パスポート見せてください。

(なにやらパスポートを見ながらパソコンを操作していますが・・・。)

行員:できるか分からない。けどトライしてみます。

(私:うぉー、マジですか!?)
私:お願いします!

そして10分後。
パソコン画面とキーボードを私の方へ向け

行員:ユーザーネームとパスワード数字8桁お願いします。

(私:えっ!できたの??)
(私:カタカタカタカタと入力し)

行員:はい。OKです。オンラインバンクはタイ語か英語しかありません。大丈夫ですか?

私:大丈夫です(たぶん)。できたの?
行員:はい。できました。家にパソコンありますか?
私:はい、あります。
行員:パソコンからできます。モバイルは出来ません。
私:ありがとうございました!
行員:^^v

オンラインバンクへアクセス

ホテルに戻り、ノートパソコンでアユタヤ銀行のトップページから[KOLログイン]→[クルンシィオンライン]をクリックすると。

オンラインバンク専用画面が開き、ユーザーネームとパスワードを入力すると

キタ━━━━ヽ(゚∀゚ )ノ━━━━!!!!

英語表示ですがオンラインバンクも利用可能となりました。

しかし、なぜか「Total 481バーツ」となっています。
通帳には500バーツの記載がありましたが、19バーツ無くなってます。
オンラインバンク開設料? 詳しいことは分かりません。

まとめ

アユタヤ銀行 VASU(ワス)支店では、短期旅行者でも口座が確実に作れます。

オンラインバンクに関しては、今回、私は作れましたが、行員にたずねても明確な作成基準は教えてくれませんでした。

ですので、オンラインバンクはタイへの入国が初めてな方や数回程度の方は作れるかどうかは分かりません。

もしオンラインバンクも作れたらラッキー程度で考えておいてください。

旅先での出来事旅行
スポンサーリンク
シェアして頂けるとすごく嬉しいです^^
フォロー数が増えるとモチベーション上がります!よろしくお願いいたしますm(_ _ )m
スポンサーリンク
はいたか HAITAKA Blog

コメント

タイトルとURLをコピーしました